無料ブログはココログ

« 正月に関係する神様。年神 | トップページ | 奥奉公出世双六 1/2 »

2010年1月 4日 (月)

律令の司法

律令の司法
捕亡令
(強盗・窃盗・傷害・殺人などの現行犯)
・犯罪の告言受けた官司「随近官司」(すなわち犯罪発生地点にもっとも近い官司(A国で発生しても国庁の距離がB国の方が近くであればB国が告言を受ける))がまず犯人を追補拘禁して、その後に審理を開始する。

獄令
(生命・財産・身体の侵損にかかわる事件および緊急を要する事件に適用)
・告言を受ける官司が「事発処官司」(すなわち犯罪発生地点を行政上の管轄区域としている官司(上記の例ではA国が告言受ける))が犯人を追補拘禁して、その後に審理を開始する。

犯罪発生→随近の兵士あるいは人夫を率いて犯人逮捕に赴く

公式令
(財産の帰属、良賤の別、譜第の正統性に係わることなど、どちらかといえば民事上の事件あるいは急を要しない事件について適用)
・原告の訴状を受けた官司は被告人を召喚するのみで拘禁せず、仮に被告人が出頭しなくとも審理が開始される
・訴状の受理→被告人の召喚→審理→裁判
・10月1日~翌年3月末日まで訴訟受理
・官司の統属関係を越えて直接上級官司に越訴することが禁じられている

裁判

行政官司は犯罪人を逮捕拘禁し、あるいは訴状を受理すると、ただちに裁判所となって審理を行い、一定期間内(徒罪以上は40日内)に判決を下す。

獄令に定める手続き(京および在京諸司において犯罪発生)
・官司内の犯罪→その官司→推断(審理し判決を下す)
・京内の犯罪→左右京職→推断
・判決が仗罪以下ならば「当司決」つまりそこで刑が確定→その官司が刑を執行する。
・判決が徒罪以上→刑部省に送る→刑部省の推断→徒罪→そこで刑か確定。
 流罪以上→太政官に申送される
・衛府が京内巡視で摘発した犯罪者
 その者の本貫が京内→左右京職。その者の本貫が京外→刑部省
・地方において発生した犯罪
 推断→郡司→笞罪判決→郡司が直ちに刑を執行する。杖罪判決→国司に送付→国司これを覆審→杖罪・徒罪および流罪ではあるが、杖罪に換刑すべきもの、あるいは贖を徴すべきものについては、国司が刑を執行し又は贖を徴する。流罪以上→太政官申送

流罪以上
 国司・刑部省→太政官→書類審査→判決正当→天皇に奏上。
                       判決不当→却下→国司・刑部省に再審査
判決文には根拠として律令の正文明記

・官人・・・官人の非違の検察は官人の所属する官司がそれぞれ個別に行うのが原則。この任に当たるべき者とされたのは判官。
・中央
  中務省内礼司(大同3年(806年)弾正台に併合)→宮廷内での官人の非違を禁察する官司(禁察=犯状を省に送るのみ。中務省は刑部省に送る。もし事大なら弾正台へ直送し奏弾(弾正台が官吏の不正をあばき、重大なものについては奏上すること))
  弾正台→宮城内外および左右京を巡察して非違を糾弾する官司
  五衛府→各部署の警衛
・弾正台・・・主な任務は行政諸官司が看過した犯罪あるいは行政諸官司の行った断決に疑義のある場合にこれらを摘発し、また官人の害政および抑屈(法をまげて処断すること)についての告発を受理すること

公民・・・各級地方行政官司→警察権を行使
 ・京→坊令に姦非を督察。京職は所部を糾察
    (督察=調べて取り締まる。糾察(=検校(調査し考え合わせること))
 ・里長→非違を禁察
 ・郡司→郡の事を検察(獄令に定める手続きを参照)
 ・国司→所部を糾察(獄令に定める手続きを参照)

« 正月に関係する神様。年神 | トップページ | 奥奉公出世双六 1/2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534444/47202194

この記事へのトラックバック一覧です: 律令の司法:

« 正月に関係する神様。年神 | トップページ | 奥奉公出世双六 1/2 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31